スポンサーリンク



もしかしたら過食症?それともただの食べ過ぎ? 〜体験談からわかった違い〜


芸能人では、釈由美子さんや、遠野なぎこさん。

元フィギュアスケート選手の鈴木明子さん。

海外ではレディー・ガガさんをはじめとするアーティストや芸能人が自身を、

過食症や拒食症だったと告白しています。

この過食症や拒食症は総称して摂食障害(読み:せっしょくしょうがい)

と呼ばれる病気です。

私も過去に摂食障害を抱えて苦しんだ体験があります。

摂食障害で苦しんでいたにも関わらず最初は

「もしかして、過食症?」

「いや、そんなことはない…これはただの食べ過ぎなだけ…」

スポンサーリンク



と自分に言い聞かせていたことがありました。

では、どこまで食べたら過食症なのでしょうか?

単なる食べ過ぎとどこが異なるのでしょうか?

摂食障害の体験をもとに具体的な

ただの食べ過ぎと過食症の違いをお伝えします。

《関連記事》

過食克服となるか、過食泥沼化となるかの境界線とは

野菜過食とは?私の過去を公開し意味とメリット、デメリットを徹底解説

過食を止めるなら食欲をコントロールしてはいけない理由

そもそもどのように診断されるのでしょうか?

その方法の例を見てみましょう。


体型

肥満かどうかを簡易的に調べる目的で

BMI(Body Mass Index)を取り入れることが多いです。

BMIとは、身長に対して適正体重と実際の体重を比較する方法。

スポンサーリンク



やり方は、身長と体重が分かれば、簡単に計算をすることができます。

BMI = 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

簡単にBMIを出したい場合は

こちらを使ってください。

計算された数字が22により近づくと

より病気にかかりづらいと言われています。

《BMI基準》

低体重 18.5未満

標準 18.5〜25未満

肥満 25以上

ダイエット業界でも参考にする団体もあるので

聞いたこともあるかもしれません。

身長と体重の2点から計算をされるものなので

それぞれの骨格や水分量、筋肉量を無視しています。

BMIが18になると拒食症の診断が出やすいです。

次の診断方法も視野に入れてください。

スポンサーリンク

問診票

摂食障害と診断されるには、診断基準があります。

この診断基準は団体や国によって少しずつ異なっています。

海外(DSM-V)

アメリカ精神医学会では、

DSM-Ⅴ(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)

精神障害の診断と統計マニュアル

を出版しています。

日本でも話題になることがありますが

海外ではこちらを基準に診断をされることが多いです。

日本では、DSM-Ⅴの中でも

異常な食事頻度や症状頻度を掲載しているサイトもありますね。

スポンサーリンク


日本(SRSED)

日本でも様々な問診票があり、

使い方はその目的別で使われます。

その中でも 日本で作られた

SRSED(Symptom Rating Scale Of Eating Disorders)

が私がよく見る問診です。

というのは、

インターネット上で簡易的な問診ができるように

SRSEDを簡易的にしたものを掲載しているサイト

が最近では多いからです。

SRSEDは3 つの因子から問診票は作られています。

「過食と食事による生活支配」

「肥満恐怖」

「食べることへの圧力」

単なる食べる行為だけではなく、

精神的な面が入っているのが特徴。

クリックをするだけで摂食障害の簡易的診断をしたい

場合はこちらを覗いてみてもいいでしょう。

【あなたも過食症かも!? 無料 過食・過食嘔吐診断テスト(簡易版)】をされるかたはこちら

スポンサーリンク

臨床心理士と会話や医師の診察

実際に

「あなたは摂食障害です」

と診断をされるには医師の診断が必要です。

もし詳しく診断を受けたい場合は、

病院、特に心療内科に行くと受診ができます。

ただ、

「病院ってなんか怖い…」

「心療内科って変な人がたくさんいそう、

私はそんな変な人じゃない!」

(私が通ったところはほぼパッと見たところ

“普通”の方ばかりでしたが。)

と病院に行くのは不安や恐怖があるけど、

「これは病気?」

「気になって検索をしてみた」

「具体的にどういうのが病気なんだろう?」

という気持ちでこの記事にたどり着いたのなら

このまま読み進めると過食症だった私が

どのような状態だったかを具体的にわかることができます。

ただの食べ過ぎ


おそらくですが、ただの食べ過ぎだった場合

あなたはこの記事を読んではいないと思います。

何かしら食べ物や食欲に対し問題があったり

気になったりして、ここまで来ていますよね?

なので、「ただの食べ過ぎ」は

さらっといきます。

スポンサーリンク


筆者が考える食べ過ぎとは?

  • 一時的に食べ過ぎてしまった。
  • 一時的とは短い期間であり、2〜3週間やそれ以上の期間を継続して慢性的に起こることではない。
  • 自然にまたはある程度の努力でふつうの食事に戻す事ができる。
  • 習慣的にたくさん食べることが普通になっている。(食べることに対し精神的ストレスがない)
  • 食べ過ぎた後、食べ物を体から出す行為や、そのカロリーを消費するような運動に異常な執着はない。

(嘔吐や下剤、何時間ものランニング、スイミングなど)

「あ〜お腹いっぱい。食べ過ぎちゃった〜」

以上の状態です。

食べ過ぎてもそれを受け入れ、

次の物事に取り組むことができます。

食べ過ぎたことに対して、感情が無駄に乱されることはありません。

では、次に筆者が体験した過食症とは

どの状態のことを言うのでしょうか?

スポンサーリンク

過食症かもしれない

食べ方の異常と体験談


食べ方の異常としては、次のことがありました。

・NG食品食べ物、スイッチが入る。

・特定の食べ物に対し

自分の力では普通の食事をする事ができない。

・「ふつうの食事」や一食分の量がわからなくなっている。

・自己誘発嘔吐を伴う。

・金銭的にこれ異常を食べたらお金がなくなってしまうと

思っていても買い食いをして しまう

スポンサーリンク



次に体験談です。

あるとき、ファーストフード店にて勉強をしていました。

100円のコーヒー1杯で粘っていましたが、

どうしてもお腹が空いてしまいました。

勉強をしていてもお腹が空きすぎて

頭に入っていかないのです。

そのため、しぶしぶ

ハンバーガー1個を注文しました。

ハンバーガーのパティはお肉ですよね?

そのまま口にすることがどうしても

受け入れることができませんでした。

では、どうしたか?

スポンサーリンク



紙ナプキンを使ってパティの脂を吸い取り始めました。

紙ナプキンでパティをサンドするようにして

体重をかけてギュ〜と押します。

そうすると

紙ナプキンに脂が吸い取られていきますね。

それがと〜っても安心するんです!

紙ナプキン1枚だけでは済まないですよ。

合計5〜6枚を使い、

パティの脂が紙ナプキンにつかなくなるまで

やり続けました。

その結果、パティはどうなったか?

スポンサーリンク



パッサパサになりました。苦笑

例えるならば、

「ス・ポ・ン・ジ」です。

本当に安心して口に入れることができました。

その時に頭の中では

次のように考えていました。

「ハンバーガー1個のカロリーは260kcalでしょ?

今吸い取った脂は全部で10gくらいは吸い取ったよね。

1gの油脂は9kcal だから、買ってそのまま食べるよりも

半分の170kcalくらいでハンバーガーが食べることができた。」

一種の達成感を味わっていました。

ちなみに、ハンバーガーの味は

脂を一切排除したので、クソまずかったです。笑

でも当時は味よりも

カロリーに支配されていました。

《関連記事》

過食対策にファスティングをしてはいけない体験談4つ

知らずに犯しているかも。太ってしまうダイエット鍋レシピのタブー

手作りにひそむ過食料理のワナ

スポンサーリンク

身体的症状と体験談

身体的には次のようなことがありました。

・周りから「大丈夫?食べてる?」と聞かれることがある。

・あばら骨が浮き出始めていた。

・耳が聞こえづらい

・ちょっとした音がうるさく聞こえる。

・話すまでの体力と気力がない。

・嘔吐の繰り返しで歯がしみる、喉が痛い。

・嘔吐の繰り返しで目の周りは、ブツブツとした青い点が出てくる。

・嘔吐後はオレンジジュースなどの酸味のある飲み物を口にしたい。

・体力が異常に落ちた

・胸や心臓に痛みを感じる。

・胃に食べ物があると嫌な気持ちでどうしようもなくなる。

・むくみがひどい。

・記憶力が著しく落ちる。

次に体験談です。

スポンサーリンク



毎晩、お風呂に入る前に体重計に乗ることが日課でした。

その体重が減っていると快感を感じ

数百グラムでも増えていると壊れそうな思いでした。

家で過食嘔吐をした後は必ずといっていいほど

体重計に乗っていました。

当たり前ですが、嘔吐をすると胃酸やいろいろなものが

体内から排出されるので体重が減っています。

その軽い状態を数字で確認することで安心感を得ていました。

また、洗面所の鏡の前であばら骨が浮き上がっている

姿を見るのが好きでした。

スポンサーリンク



わざとあばら骨が出るような姿勢をして

鏡で確認をしていました。

そんなに痩せていても、心臓が限界と叫んでいても

「お腹の膨らみをなくしたい」

「まだ、太っている、痩せなきゃ」

とお腹をつまんでいました。

(からだは痩せているのにお腹だけ出るのは栄養失調の症状です)

《関連記事》

食欲で悩んだらステップあやさんに学ぶ理由5つ

食べ過ぎ後の背中のハリを改善する簡単マッサージ

お正月の食欲を落とす初心者でも使えるアロマ厳選3つ

スポンサーリンク

精神的症状と体験談

精神的な症状は次のようなことがありました。

・生きづらさを感じる

・誰かと一緒に食べるのは苦痛。

・自分が食べているところを見られてはいないか気になる

・誰かと食べているとその場から早く立ち去りたい。

・胃の中の食べ物を早く出したい衝動にかられる。

・とにかく食べたい衝動にかられる。

・「食べてはいけない」という強い気持ちがある。

・骨と皮になりたい。

・体重が減ることがこの上なく嬉しい。

・逆に体重が数百グラムでも増えたら、地獄に落ちた気分になる。

・学校や職場の人間関係で悩むことが多い。

・自分自身に対してお金をかけることができない。

・もしくは、ダイエットに関しては大金をかけてしまう。

スポンサーリンク



次に体験談です。

学生が終わる頃、友達と卒業旅行に行きました。

学業やアルバイトで忙しくしていたので

久々にのんびりできる行事でした。

また、学生時代の楽しい記憶もたくさん残したい

という気持ちで行ったのです。

しかし、食事でやはり問題が出てきました。

宿泊先の食事は

「ブッフェ、食べ放題」でした。

「うわぁ〜た〜くさ〜ん、食べちゃおうね」

と友達と話していましたが

裏の気持ちでは

怪しい影が頭を出し始めていました。

スポンサーリンク



「やばいかも….」

やばかったです。

お皿にたくさん盛りました。

2回3回と食べ物を取りに行きました。

食べました。

「落ち着かない….」

「吐きたい…」

「でも、友達もいるしな….」

「トイレもすぐそばになさそうだしな…」

「でも食べちゃったから吐かなきゃ、どうしよう….」

スポンサーリンク



ついに友達に

「ちょっとトイレ行ってくるね」

と何にもないようなふりをして

トイレに行きました。

この旅行を楽しみたかったのですが

正直楽しむ余裕はなかったです。

とにかく、胃に食べ物がないようにすることを

維持することで頭がいっぱいでした。

落ち着かなかったです。

実はこの旅行のことを数年間

忘れていました。

スポンサーリンク



数年後、一緒に行った友達に

「あのとき、〇〇に行ったよね〜」と

言われて、数分度に思い出しました。

でも、残念ながら、

友達と遊んだ楽しい記憶はなく

「食べ物をいかに吐くか」しか

思い出すことができませんでした。

記憶力がかなり低下していました。

それでも、私は自分が摂食障害だと認めず

そのうち治ると思っていました。

その考えには何の根拠もありません。

現実を直視したくなかったのです。

今過去の自分に言いたいです。

「早く病気と認めて!!!」と。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか?

体型や精神面、体調、医師の問診など様々な要素で

診断は行われます。

そのため、この記事はあなたを病気かどうか

診断するものではありません。

ただ、具体的に

「私はどうなのだろう?」

と気になっている場合には

経験者の具体例は参考にはなったのではないでしょうか?

私は何年も自分が摂食障害だと認めず

克服することから逃げていました。

これを読んでいるあなたには

一刻も早く克服への道を歩んでもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




申請フォーム入力で無料プレゼント
【レポート★『過食嘔吐が一番ひどい時から克服までの回復食生活レポート』〜前半】

こちらのレポートでは、かとうが、
• 何年前に過食嘔吐がひどくて、どんな食生活だったのか?
• 時系列で追っていく、回復していく過程の食生活。
• 過食嘔吐が始まる前の体重を基準にし、どのような体重の増減があったのか?
• 当時の過食症状は?
・なぜ当時その食事法を試してみたのか?
• 回復に向かった3つの共通点とは?(後半に記載、有料)

A4サイズ35ページにもわたる量で、前半を書きました。

 

一人の過食・過食嘔吐を克服した経験談を、この機会にどうぞレポート前半を手にとってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaka

国際オーガニックセラピー協会認定オーガニックフードセラピスト 10代の頃から食欲に悩み、社会人になっても異常な食欲は治ることなく、20代は摂食障害の複数の症状を経験する。 摂食障害の症状に心身ともに燃え尽きた状態を改善するために、あらゆる対処法を試していく。 模索していく中で、摂食障害を完全克服。 食欲や運動に対し、衝動を感じることなく 今では友人とお茶をしたり、ふつうの食事や生活を することができるようになる。 そして、現在は自身の摂食障害の経験を活かし 摂食障害や食欲で悩まれている方を専門に 解決に導く活動をしている。