スポンサーリンク



過食を止めるなら食欲をコントロールしてはいけない理由

 

beach-hut-237489_1280

過食は食欲の問題なので、食欲をコントロールすれば問題ないと思うかもしれません。過食に悩まされていた私もそうで、カロリー計算や食べる量などを厳密に守っていました。しかし、どうしても過食が止められなかったのです。なぜなら、食欲をコントロールしようとすればするほど、その反動で過食が止められなかったからです。

今は過食をすることはありません。過食をしなくなった原因の一つとして、今回は過食を止めるなら、なぜ食欲をコントロールしてはいけないのかの理由をお伝えします。

スポンサーリンク

食欲をコントロールしようとしてもムダ

食欲や過食というのは、あくまでも「結果」だからです。何かがあって、食欲をコントロールできなかった、過食をしてしまったという状態なわけです。なので、食欲をコントロールしようとすることにムキになってもムダなのです。

 

《関連記事》

過食対策にファスティングをしてはいけない体験談4つ

 

食欲がコントロールできないのは、〇〇関係が原因かも!?

travel-933171_1280

食欲をコントロールしようとするくらいであれば、対人関係を振り返ってみた方が過食にならない可能性があります。なぜなら、コントロールできないくらいの食欲が出てしまうのは、身の回りの対人関係にストレスがかかっている人が多いです。

こういうことはありませんか?

家族、友人、彼氏彼女、夫婦、職場などの人間関係で、イラっときたり、辛くなったり、寂しくなったり、などストレスがある時に食べたくなることはありませんか?

 

《関連記事》

もしかしたら過食症?それともただの食べ過ぎ? 〜体験談からわかった違い〜

 

親の言うことには「逆らう」ことはしない

 

俗にいう反抗期がなかったと言われる場合です。反抗期は必ずしも必要ではないのですが、親に自分の意見や考えを伝えることができるか、自分のやりたいことを言葉や行動に表すことができるかが大切です。いわゆる自己主張です。

自己主張ができないと、「自分の考えは間違っているの?」「誰にも私の意見を聞いてもらえない」もどかしさに繋がります。そして、それが積もりに積もって、ストレス発散法の一つとして過食になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

友人の話に「私もそう」と心から思ってもないのに言ってしまう

 

特に思春期の年代にとって、友人関係は生活する上でとても重要です。女子であれば、グループからはぶられるかも、いじめられるかも、という不安や恐怖から、同じグループメンバーや友人には「私もそう」と言ってしまうこともあります。特にグループのリーダー格にはNOは言いづらいです…

もし、学校生活で心からあなたの言いたいことが言えないとしたら、とても辛いですね。それが過食に繋がっていることもあるかもしれません。

 

職場のミーティングや会議で自分の意見が言えない

 

社会人になると会社では「あなたの意見」を聞かれることもあると思います。そんな時に、上司の顔をうかがって…反対意見をいかに言わないか…と気にかけながら口を開くことはありませんか?または、会社の派閥に巻き込まれないように、自分の立ち位置を考える…ということをもしされているならば、かなりのストレスを感じているのではないでしょうか?

会社というのは、一日の多くの時間を割く場所です。そんな場所がそのような雰囲気では心地よいものではありません。そりゃ、仕事終わりに一杯やったり、ストレス食いをしたくなったりせざるを得ません。

 

もし、上記の内容で当てはまる部分があるのならば、それなりに対人関係や環境に対処をした方が良いです。というのは、これを読んでくださっているあなたには私のように後々ひどくなって仕事もできなくなってしまって欲しくはありません。

対人関係は一瞬でこうすれば良くなります!というものは存在しません。あなたが自覚をし、改善していくことの繰り返しになるので、とても時間やエネルギーを使うことになります。ただし、対人関係が改善されると、ムダがストレスを抱えることがなくなり、食欲も自然に落ち着き始めます。一人で対人関係を良くしていくにはとても大変なので、誰か相談ができる相手が見つかると良いですね。




申請フォーム入力で無料プレゼント
【レポート★『過食嘔吐が一番ひどい時から克服までの回復食生活レポート』〜前半】

こちらのレポートでは、かとうが、
• 何年前に過食嘔吐がひどくて、どんな食生活だったのか?
• 時系列で追っていく、回復していく過程の食生活。
• 過食嘔吐が始まる前の体重を基準にし、どのような体重の増減があったのか?
• 当時の過食症状は?
・なぜ当時その食事法を試してみたのか?
• 回復に向かった3つの共通点とは?(後半に記載、有料)

A4サイズ35ページにもわたる量で、前半を書きました。

 

一人の過食・過食嘔吐を克服した経験談を、この機会にどうぞレポート前半を手にとってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaka

国際オーガニックセラピー協会認定オーガニックフードセラピスト 10代の頃から食欲に悩み、社会人になっても異常な食欲は治ることなく、20代は摂食障害の複数の症状を経験する。 摂食障害の症状に心身ともに燃え尽きた状態を改善するために、あらゆる対処法を試していく。 模索していく中で、摂食障害を完全克服。 食欲や運動に対し、衝動を感じることなく 今では友人とお茶をしたり、ふつうの食事や生活を することができるようになる。 そして、現在は自身の摂食障害の経験を活かし 摂食障害や食欲で悩まれている方を専門に 解決に導く活動をしている。