スポンサーリンク



野菜過食とは?私の過去を公開し意味とメリット、デメリットを徹底解説


野菜過食とは、その名の通り野菜を過食すること。

これによって、体重を減らしたり、身体を引き締めたりと

ダイエット効果を求めてやります。

しかし、食べ方や量によって

「食べ方がおかしいんじゃない?」と言われたり

「何かわからないけど周りと違う?」と感じたり

することもあると思います。

ここでは、野菜の過食について

過去に私がしていたこと、また、

過食をしていた人から聞いてきた野菜過食について公開します。

その上でメリットとデメリットを徹底的に解説します。

スポンサーリンク


野菜過食をする方に多いのがファスティング。

こちらも関係している記事です↓

過食対策にファスティングをしてはいけない体験談4つ


私がやってきた野菜過食を公開

文字通り野菜を過食することなのですが、

具体的にどういうことが野菜過食というのでしょうか?

私の過去や野菜過食をしてきた人から具体例を見ていきましょう。
スポンサーリンク



次のようなことをしてきたり感じたりしていましたが、

何個当てはまりますか?

  • 野菜だけをひたすら食べる。
  • 野菜だけでお腹をいっぱいにする。
  • カロリーを気にしながら食べる。
  • 体重測定はマメに欠かせない。
  • ドレッシングはノンオイルでないと許せない。
  • サラダにマヨネーズなんて絶対かけない。
  • 油揚げ、鶏肉、豚肉などの肉類は入れない。
  • 野菜の重さを気にする。
  • 油脂は入れたくない。
  • 揚げるなんてとんでもない。
  • 焼くより、煮たり蒸したりする。
  • 食後、満腹感がなく、すぐにお腹がすく。
  • 反動でお菓子を過食したくなる衝動がある。
  • 高カロリーなものを口にすると「太ってしまうのでは?」と恐怖を感じる。
  • 高カロリーなものを作った人や出してきた親に対し、怒りが出てくる。

スポンサーリンク

ちなみに、野菜といってもどういうものを食べていたかというと、

夏期間にあった野菜過食

あたたかい夏前後は

次のようなものを過食していました。

  • 冷奴
  • もやし(一袋10〜20円と安定して買うことができて経済的)
  • きゅうり(1本が高いから単体では過食はできない…)
  • トマト
  • ブロッコリー
  • レタス(すぐに一玉がなくなってしまうから高くつくので、あまり買わなかった)
  • ナス(油炒めは許せなかったですね)
  • ピーマン(これも油はNG)
  • オクラ(すぐに胃に吸収されにくいから)
  • キャベツ(夏は美味しくないけど、かさを増すには最高!)

夏野菜は水分がほとんどなので、カロリーが低く大好きでした。

そのままサラダとして食べることが多かったです

キャベツの千切りをひたすら食べていたら、

ウサギの気持ちでした。笑

スポンサーリンク



冬期間の野菜過食

次に寒い冬前後は次のようなものを過食していました。

  • 白菜
  • キャベツ
  • 大根
  • もやし
  • ごぼう
  • きのこ
  • 豆腐

寒いので、煮て食べることができる野菜がメインでした。

もちろん、カロリーが低いものがメインです。

一年を通して、基本的に軽い野菜は安心していました。

でも水分が多い野菜ならば、カロリーは低いと思い

結構使っていました。

スポンサーリンク

気をつけよう…としていた野菜

野菜だからカロリーが低ければ良いとは思っていませんでした。

カロリー以外の考えで

「糖質をたくさん摂取すると太る」

と聞いたことがありました。

そのため、糖質が少し高めな野菜は注意をしていました。

具体的には、

次の野菜を口に運ぶときは量を少なくしていました。

  • 玉ねぎ
  • 人参
  • レンコン
  • とうもろこし

根野菜ですね。

ついでに言うと、加熱をすると甘くなる野菜です。

甘いということは=糖質が高め

と判断していました。

スポンサーリンク


ヤバイ…これは絶対口に入れたくない野菜

野菜の糖質を調べるととても高いという野菜がありました。

糖質の高い野菜はとても毛嫌いしていました。

具体的に言うと次の野菜です。

  • ジャガイモ
  • かぼちゃ
  • 里芋
  • さつまいも

いわゆる「芋」類です。

小さい頃からポテトサラダがとても好きだったのですが

この糖質の多さを知ってからというもの

ポテトサラダは箸をつけたくない料理でした。

それに、ポテトサラダはマヨネーズをたくさん使っているので

カロリーも高いですしね。

具体的に過食をしてきた野菜や食べ方を見てきて

理解はしていただけましたか?

スポンサーリンク

野菜過食のメリット

なぜ、野菜を過食するのでしょうか?

答えはメリットがあるからですね。

では、具体的な野菜を過食することでのメリットは何でしょうか?

一時的に痩せる

摂取カロリーが低いため、痩せる!

好んで過食をする野菜のほとんどは水分を多く含んでいました。

そのため、一食に対するカロリーは低くなります。

いくら食べてもケーキを食べるカロリーに到達するには

ものすごい量を食べる必要があります。

物理的にお腹がいっぱいになる

カロリーを気にせず、野菜を胃に詰め込めるので

お腹は膨れます。

そもそも、胃にいっぱい詰め込まれていたら

他の食べ物を入れることができません。

よって、高カロリーを口にするのを予防するという役目も果たせますね。

安心して口に運ぶことができる

カロリーが低いこと自体に安心感を持っていました。

また、物理的にお腹が膨れると

気分的にもお腹いっぱい食べたという気持ちにもなりますね。

次に、具体的な野菜を過食してのデメリットは何でしょうか?
スポンサーリンク

野菜過食のデメリット

満腹感が継続しない

物理的にお腹を膨らませていることがほとんどなので

満腹感は継続しません。

なぜかというと、胃から腸に食べ物が押し出されていくと

当然ながら胃の中に隙間が空いていきます。

すると物理的な空腹が襲ってきてしまうからです。

脳や体が満腹感をしばらく感じるには

ある程度の糖質、たんぱく質、脂質、栄養などが必要なのです。

反動で高カロリーな物を食べたくなる

あまりに低カロリーメニューを食べ続けていましたので

体は飢餓状態になっています。

そのため、頭の中は食べ物で埋め尽くされるようになっていました。

今まで我慢していた高カロリーの食事や甘い物などを

過食したくなる衝動と戦ってました。

体に力が入らなくなったり、ぼーっとしやすくなったりする

体は飢餓状態なので、使うエネルギーを少なくしようとします。

そのため、

  • 体力がなくなる。
  • ちょっとした登り坂で息が切れやすくなる。
  • 考えがまとまらなくなる
  • 簡単な計算ができなくなる

ということが出てきます。

スポンサーリンク

皮膚がカサカサになる

油脂やたんぱく質をほとんど摂らなくなると

栄養が不足してきます。

すると、

  • 化粧ノリが悪くなる。
  • 皮膚がピリピリしてくる。
  • 皮膚がカサカサになる。
  • 痒くなる。

ということが出てきます。

長期間続けると体重が減らなくなる

体重を減らすことだけにムキになり

低カロリーの食事を続けると停滞期が訪れます。

ダイエットの目的で野菜を食べていたならば嫌な出来事ですね。

停滞期をそのまま野菜のみで食べていると

また体重は減りだしていきそうですが、体重は減りませんでした。

というのは、体は飢餓状態に陥ると生命を維持するため

基礎代謝を下げてしまいます。

どうなるかというと、いくらカロリーの低い食生活をしても

体重は減らなくなってしまいます。

体を引き締めたいなら、こちらの記事↓

絶対寝れない!5秒でカンタンお腹を引き締める腹筋の方法


その他のデメリット

・むくみが酷くなる

これはミネラルバランスが崩れるためです。

・とにかく寒く体温調節ができなくなる

基礎代謝が下がってしまったためです。

いくら重ね着をしても、暖房をいくら入れても

当時はとても寒かったのを覚えています。

以上が野菜を過食してみてのメリットとデメリットです。

スポンサーリンク

最後に

あなたご自身では野菜の過食と思っていなくても

周りから見て、「異常かも?」と

思われている可能性があるお話をします。

食べ物や食品を食べたか頻繁に聞かれるようになる

家族に

「冷蔵にあった〇〇なんだけど、知らない?」

と頻繁に聞かれるようになると、

もしかしたら、あなたの食べ方は普通ではないのかもしれません。

家族、特にお母さんのように、料理をしている方は

毎日の献立を想定して買い物をしています。

いついつに何を作るから、何がどれだけ必要かな、

そしたら何々を買っておこう、という具合ですね。

冷蔵庫や食品置き場には

今すぐ食べる物だけではなく

ストックしておく食べ物や食品があるわけです。

しかし、使おうとした食品がなくなったらどうでしょうか?

「なぜだろう?」と気になりますよね。

だから、家族から確認のため聞かれるようになるのです。

最初は単なる気になるから質問をしてきたのが

頻繁になると、あなたが心配になります。

  • どうしたのかな?
  • 何かあったのかな?
  • でも、あまりガミガミ口うるさく言いたくない…


お母さんは口に出さなくても家族のことを良く見ているものです。

もし、そのようなことがあったら、

あなたの食事の仕方や量について

疑問を持つ時期なのかもしれません。

体重測定の前のちょっとした期間に

野菜をメインとした食事を取り入れるのはいいでしょう。

しかし、あまりに低カロリーの野菜ばかりの食事をし続けていると

病気にもなることもあります。

たんぱく質や脂質、糖質を取り入れて栄養不足になることなく

野菜のメリットをうまく取り入れたいですね。




申請フォーム入力で無料プレゼント
【レポート★『過食嘔吐が一番ひどい時から克服までの回復食生活レポート』〜前半】

こちらのレポートでは、かとうが、
• 何年前に過食嘔吐がひどくて、どんな食生活だったのか?
• 時系列で追っていく、回復していく過程の食生活。
• 過食嘔吐が始まる前の体重を基準にし、どのような体重の増減があったのか?
• 当時の過食症状は?
・なぜ当時その食事法を試してみたのか?
• 回復に向かった3つの共通点とは?(後半に記載、有料)

A4サイズ35ページにもわたる量で、前半を書きました。

 

一人の過食・過食嘔吐を克服した経験談を、この機会にどうぞレポート前半を手にとってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaka

国際オーガニックセラピー協会認定オーガニックフードセラピスト 10代の頃から食欲に悩み、社会人になっても異常な食欲は治ることなく、20代は摂食障害の複数の症状を経験する。 摂食障害の症状に心身ともに燃え尽きた状態を改善するために、あらゆる対処法を試していく。 模索していく中で、摂食障害を完全克服。 食欲や運動に対し、衝動を感じることなく 今では友人とお茶をしたり、ふつうの食事や生活を することができるようになる。 そして、現在は自身の摂食障害の経験を活かし 摂食障害や食欲で悩まれている方を専門に 解決に導く活動をしている。